メンタル向上

実はHSPは看護師に向いてる!こころのケアが得意な人の適職は?何科?

楽しそうな男女の看護師

生まれつき人より繊細な心を持った、HSP『Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)』。
ストレスに過敏でつらいことも多いですが、共感力が強いからこそできることがあります。
実は、考え方や環境次第では、看護師に向いています。

この記事では、HSPが看護師に向いている理由、看護に活かすための考え方(心得)、HSP看護師の向いている職場をご紹介します。

つらくなってしまう理由はこちら🔻
HSPの看護師がつらい・向いてない理由を詳しく解説

HSPが看護師に向いている理由

HSPさん、つらいこともありますが、考え方次第では看護師に向いていると言えます。

共感力の高さが活かせるから

HSPは共感力が強いところが、マイナスになることもありますが、活かせる環境であれば、十分に活かすことができます。

患者さんの辛さや不安を理解できるだけでなく、教育をする側としても優秀です。

心のケアをすることができる

心のケアはHSPさんが得意です。共感力が高いと、患者さんの立場で物事を考えることができるため、寄り添った看護をすることができます。

些細な変化を見逃さない

HSPさんは些細な変化に気付きやすいです。
これは特技と言えます。

「なんかいつもと違う」
この感覚が異常の早期発見に役立ちます。

普通の人が気づかないようなことに気づいて、それを評価してもらえる職場だと、才能を活かしやすいです。

看護師がHSPを活かすための心得

看護師がHSPを活かすために、環境以外の部分では、考え方を変えていきましょう。

完璧主義をやめる

完璧な人間はいません。
HSPさんは完璧主義が多く、つい疲弊してしまいがちです。
完璧主義はやめて、やってはいけないミス以外、あまり気にしないようにしましょう。

苦手なことを克服するよりも、得意を活かす

日本人ってすぐに苦手なことを克服するような教育をしますよね。
苦手なことを克服できたら成長できることもありますが、どうしても苦手で克服できないこともあります。

苦手なことを克服しようとして、膨大な時間を費やす。
その結果、しかもできない笑

これって時間の無駄ですよね。
その無駄な時間を得意なことを伸ばすことに使いましょう。

自己肯定感を上げる

自己肯定感を上げるとかなり楽になります。

自己肯定感が低い状態

自己肯定感が低い状態です。

  • どうせ自分は何をやってもダメ
  • 自分には価値がない
  • 自分は必要ない
  • 自分が嫌い
  • すぐ人と比べて落ち込む

自己肯定感が高い状態

自己肯定感が高い状態です。

  • 僕、私ならなんでもできる
  • 自分には価値がある
  • 自分は必要な存在
  • 自分が好き
  • 人は人、自分は自分

要するに、ポジティブになれば多少嫌なことがあっても動じなくなります。

嫌なことを何度も思い出さない

嫌なことを何度思い出しても解決しません。

他人より優位に立ちたいだけ、注意したいだけの人もいます。
あなたが落ち込んでいても、相手は何も感じていません。

特に嫌がらせはさっさと忘れましょう。
思い出したら他のことを考えたり、深呼吸したりしましょう。

頑張りすぎない

真面目だったり、やる気満々だったりして、ついつい頑張りすぎてしまいがちなHSPさん。
頑張りすぎるとパフォーマンスが低下して空回りしてしまいます。
適度に休息をしましょう。

他人軸で考えるのをやめて自分軸で考える

他人軸とは、他人を中心に考え、時には自分を犠牲にして行動することです。

周りの人を喜ばせるために生きているのではありません。
自分の人生を生きるために、他人に気を遣うのはやめましょう。

自分のことを最優先する「自分軸」で生きていきましょう。

2:6:2の法則を意識

2:6:2の法則とは、こんな法則です。

  • 2割の人は、あなたがどんな行動を取っても好きになる
  • 6割の人は、あなたがどんな行動を取ってもどちらとも思わない(行動によって変わることもある)
  • 2割の人は、あなたがどんな行動を取っても嫌いになる

HSPさんは他人の評価を気にしすぎてしまうところがあります。
誰からも嫌われていない人はいません。

どんな善行をしても文句を言われます。
ボランティアに対して「偽善だ」と言う人もいます。

自分のことをよく思ってくれる人と関わるようにしましょう。

看護師がHSP気質を活かすには?こころのケアを得意に

HSP気質の看護師は、こころのケアに深く関わる看護ができる心療内科や精神科、緩和ケアで活かすことができます。

相手の気持ちを汲み取ることができるHSPの看護師であれば、患者さんや家族の不安を理解したり、言い出しにくいことを言えるようになります。

HSP看護師の向いている職場の特徴

HSPは、繊細ですぐに疲れてしまうため、「心にゆとりを持てる職場」であることが重要です。

心にゆとりを持つことで、患者さんや同僚の気持ちを汲み取って働くことができ、結果的に感謝される機会が増えて、自己肯定感も上げることができます。

HSP看護師が転職サイトを使うメリットと気をつけるべきこと、おすすめの転職サイト

のんびり働ける職場

忙しくなく、のんびり働ける職場・職業は心にゆとりを持つことができます。

HSPさんは深く物事を考えることができます。
考える暇がないと、その才能を活かすことができません。

時間にゆとりがある、考える時間が確保できると、良い提案ができるようになります。

こちらの記事も参考にしてみてくださいね。
楽すぎ?のんびり楽しく働きたい看護師におすすめの働き方と穏やかな職場

夜勤が無いか、少ない職場

夜勤が無いか、少ない職場だと、生活のリズムが乱れにくいため、不調になることが減らせます。

HSPさんは、ストレスに過敏で自律神経の調節が苦手な人が多いです。
そのため、生活のリズムが崩れることが普通の人よりも負担がかかってしまいます。

休みが取りやすく、残業がない

休みが取りやすく、残業がないとプライベートも充実します。

休みは疲れて寝るだけ・・・。
これだとストレス発散ができなくて、自己肯定感も下がってしまいます。

また、HSPさんは1人になる時間が必要です。
ゆっくりティータイムやストレッチをする時間を作ってみてください。

HSP看護師の適職・相性の良い職場

HSPだから看護師という職業自体、向いてないの?

そんなことはありません。
看護師という職業の枠で、HSPの良さを活かすこともできます。

HSP看護師が転職サイトを使うメリットと気をつけるべきこと、おすすめの転職サイト

1人で仕事ができる職場

1人や少数での看護は、常に集団に見られているような居心地の悪さがないため、HSPさんに相性が良い職場です。

ゆとりのある職場

時間に追われると、ストレスが溜まってしまい、全体のパフォーマンスが低下してしまいます。
時間的、体力的にゆとりのある職場であれば能力を発揮できるようになります。

深く対話ができる職場

HSPさんは深く物事を考えることができ、その分、難しいことや複雑なことを思いついたり、普通の人が気づかないようなことに気づいたりすることができます。

その特性を活かすためには患者さんと深く対話ができる職場を選ぶといいでしょう。

人間関係が楽な職場

人間関係が楽だと無駄な疲労が減ります。
お局看護師が少ない職場(若手が多い)を選ぶのも1つの戦略です。

静かな職場

感覚が過敏なため、騒がしい職場はストレスに感じてしまうことも。
特に怒った声は聞きたくないですよね。

静かで落ち着いた職場だと、仕事に集中することができます。

HSP×緩和ケア看護師

緩和ケア看護師は、がんと診断された患者さんやその家族の心のケアをします。
HSPの看護師にしかできないと言っても過言ではないでしょう。

緩和ケアに携わる看護師の役割~心のケア~(日本終末期ケア協会)

HSP×訪問看護

訪問看護は、利用者さんの自宅に行って看護を行います。
ゆっくり話を聞くことができ、1人か少人数での業務なので、HSPさん向きです。

日本看護協会では、訪問看護入門プログラムを実施しています。
プログラムの受講対象は、新卒看護師(実務経験なしOK)、潜在看護師、医療機関等に勤務する看護師、定年退職後の看護職の方です。
訪問看護入門プログラム(日本看護協会)

これ以外にも地域の看護協会が実施しています。
「訪問看護入門プログラム (都道府県名)」等で検索してみてください。

また、2025年には最大約12万人の訪問看護従事者が必要とされていて、今後はどんどん需要が高まっていく仕事です。
訪問看護師倍増策の推進(日本看護協会)

HSP×心療内科・精神科看護師

心療内科・精神科は、医療行為も少ないため、緊張する場面が少なく、コミュニケーションの高さを強みにすることができます。

ただし、急性期だとハードになるため、慢性期(回復期)病院を選びましょう。
精神科訪問看護もあります。

HSP×派遣ナース・単発

単発や短期間で仕事ができる職場だと、オンとオフが切り替えやすいです。
集中的に稼ぐ時期、リフレッシュの時期を作ることでストレスが溜まりにくくなりますし、感染症の心配もいらないため旅行にも行きやすくなります。

単発や派遣なら看護のお仕事派遣 というサイトがおすすめです。

HSS型HSPなら応援ナースもおすすめ

HSS型HSPなら応援ナースもおすすめです。
HSS型HSPって基本的に好奇心旺盛、飽き性ですよね。

応援ナースって、人手不足の現場、主に北海道や都市部、沖縄や離島にヘルプとして行くナースのことなんですけど、新しいことが好きな看護師にはとても相性がいいんです。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。
▶︎応援ナース・トラベルナースはしんどい?実態、メリットとデメリットを解説
▶︎応援ナースと派遣ナースの違いを比較!徹底解説

HSP看護師に合った仕事を探そう

HSP看護師に合った仕事を探すためには、転職サイトを利用するのがおすすめです。

なかでも、内部事情に詳しい転職サイトは、「離職者が少ない」「採用されやすい」「〇〇という噂がある」など、転職を成功させるための情報を持っているため、是非、以下の記事を参考にしてみてください。
HSP看護師が転職サイトを使うメリットと気をつけるべきこと、おすすめの転職サイト

のんびりティータイムをしている看護師
楽すぎ?のんびりゆるく働きたい看護師におすすめの働き方と穏やかな職場忙しい職場にうんざり!穏やかな職場で働きたい!のんびりゆるく働きたい、楽したい看護師におすすめなゆるく楽しく働ける職場や働き方をご紹介します。楽すぎな職場から新卒もOKな職場もあります。一度きりの人生、楽しく仕事しましょう。...
泣きべその看護師
HSPの看護師がつらい・向いてない理由を詳しく解説感受性が強く、周囲からの刺激を受けやすく、すぐに疲弊してしまいがちなHSPさん。バタバタ忙しい職場は相性が悪いです。 この記事では、HSPの看護師がつらい理由、HSPが看護師に向いていない理由と向いていない職場を解説します。なぜつらいのかを知って改善していきましょう。...
ばつ印を持っている看護師
看護師は優しい人が辞めるのはなぜ?優しい看護師はHSPだから辞めたくなる理由優しい看護師が辞めたくなる理由は、優しい看護師はHSPで、意地悪な看護師に狙われやすいからです。この記事では、HSP看護師の特徴と辞めたくなる理由、向いている仕事の特徴、働き方や職場、対処法を解説します。...
看護師のコスプレをした熊
HSP看護師が転職サイトを使うメリットと気をつけるべきこと、おすすめの転職サイト繊細なHSPだからこそ、転職サイトを選ぶ際に重要視する点が異なります。 この記事では、HSP看護師がより良いキャリアを積めるよう、HSPの看護師が転職サイトを使うメリット、選ぶ時に気をつけるべきこと、おすすめの転職サイトをご紹介します。 ...
最新の投稿
看護師の転職サイトおすすめ3選
  • 看護のお仕事

    ▶︎非公開求人、高収入の求人数が圧倒的 ▶︎全国13万件以上の病院情報を保有 ▶︎キャリアアップの相談可 ◎LINE相談可能、24時間電話対応 ◎勤務したい病院に求人がなくても交渉してくれる求人リクエスト機能あり
  • マイナビ看護師

    ▶︎転職初心者ならサポートが手厚いマイナビ ▶︎認知度No.1、日本最大級の求人・転職サイト ▶︎今なら1分無料登録で転職サポートブックプレゼント ◎対応がスピーディー ◎履歴書や面接対策がバッチリ
  • ナースではたらこ

    ▶︎2022年オリコン顧客満足度1位 ▶︎無料登録で見られる非公開求人多数 ◎他業界求人際と運営の実績があり安心 ◎プライバシーマーク取得