HSP

HSP気質の看護師の工夫と環境選び

記事内にプロモーションを含む場合があります

生まれつき繊細な心を持つHSP気質だと、看護師の仕事はしんどいですよね。

この記事では、HSP気質の看護師が幸せになるための工夫と環境選びについて解説します。

▶︎HSP看護師の転職サイトランキング2024【最新版】

HSP看護師の転職サイトランキング2024【求人例あり】繊細さんHSP看護師には適職があります!2023年最新の求人例掲載中です。...

HSP看護師が楽になるには、工夫と環境選びが大切

HSP看護師が楽になるには、工夫と環境選びが大切です。

なぜ工夫?

例えば、嫌がらせをしてくる人にはっきり拒否できず、言われっぱなしになっていませんか?

ここできる工夫は、嫌がらせをする人とは距離を置くこと、関わるのは最低限にすることでメンタルの疲労を減らすことができます

なぜ環境選び?

工夫しても人間関係が悪すぎてメンタル面に悪い影響があったり、忙しすぎて体調を崩してしまう環境もあります。

そのような環境では、HSPさんの良いところを活かすことができないどころかダメ扱いされてしまいます

HSPの良いところを活かせる環境や評価してもらえる職場を選びましょう。

▶︎HSP看護師におすすめの転職サイトと利用するメリット

看護師のコスプレをした熊
HSP看護師におすすめの転職サイトと利用するメリット繊細なHSPだからこそ、転職サイトを選ぶ際に重要視する点が異なります。 この記事では、HSP看護師がより良いキャリアを積めるよう、HSPの看護師が転職サイトを使うメリット、選ぶ時に気をつけるべきこと、おすすめの転職サイトをご紹介します。 ...

他人との関わり方や考え方を工夫する

HSPさんは、物事を深く考えすぎたり不安になってしまいがちですよね。
他人との関わり方や考え方を変えていき、工夫していくことが大切です。

まずは、HSP看護師ができる工夫について解説していきます。

完璧主義をやめる

完璧な人間はいません。
HSPさんは完璧主義が多く、つい疲弊してしまいがちです。

完璧主義はやめて、些細なミスはあまり気にしないようにしましょう。
細かいことを気にするよりも、やってはいけないミスをしないように注意することの方が大切ですよ。

苦手なことを克服するよりも、得意を活かす

日本人ってすぐに苦手なことを克服するような教育をしますよね。
苦手なことを克服できたら成長できることもありますが、どうしても苦手で克服できないこともあります。

これって時間の無駄ですよね。
その無駄な時間を得意なことを伸ばすことに使いましょう。

自己肯定感を上げる

自己肯定感を上げるとかなり楽になります。

自己肯定感が低い状態と高い状態を比較してみましょう。

自己肯定感が低い状態

自己肯定感が低い状態です。

  • どうせ自分は何をやってもダメ
  • 自分には価値がない
  • 自分は必要ない
  • 自分が嫌い
  • すぐ人と比べて落ち込む

自己肯定感が高い状態

自己肯定感が高い状態です。

  • 僕、私ならなんでもできる
  • 自分には価値がある
  • 自分は必要な存在
  • 自分が好き
  • 人は人、自分は自分

こんなふうに、自己肯定感を上げてポジティブになれば少し嫌なことがあっても動じなくなります。

嫌なことを何度も思い出さない

嫌なことを言われたことや嫌な出来事を何度思い出しても解決しません

他人より優位に立ちたいだけ、注意したいだけの人もいます。
あなたが落ち込んでいても、相手は何も感じていません。

特に嫌がらせはさっさと忘れましょう。
思い出したら他のことを考えたり、深呼吸したりしましょう。
趣味に没頭するのもおすすめです。

自分にコントロールできないことは考えない

自分にコントロールできないことは考えないようにしましょう。
考えたからといって解決しませんし、時間の無駄な上にストレスが溜まるだけです。

完璧になくすのは難しいですが、少しずつ意識して減らしていきましょう。

頑張りすぎない

真面目だったり、やる気満々だったりして、ついつい頑張りすぎてしまいがちなHSPさん。

頑張りすぎるとパフォーマンスが低下して空回りしてしまいます。
適度に休息を取りましょう。

アロマで癒されてみるのもおすすめです。
▶︎【効果別】HSP看護師におすすめのアロマ12選

しっかり休む

HSPは疲れやすい分、しっかり休むことが大切です。

ぼーっとのんびり過ごす時間を作ったり、睡眠を長めに取ったりすることがおすすめです。

他人軸で考えるのをやめて自分軸で考える

他人軸とは、他人を中心に考え、時には自分を犠牲にして行動することです。

周りの人を喜ばせるために生きているのではありません。
自分の人生を生きるために、他人に気を遣うのはやめましょう。

自分のことを最優先する「自分軸」で生きていきましょう。

2:6:2の法則を意識

2:6:2の法則とは、こんな法則です。

  • 2割の人は、あなたがどんな行動を取っても好きになる
  • 6割の人は、あなたがどんな行動を取ってもどちらとも思わない(行動によって変わることもある)
  • 2割の人は、あなたがどんな行動を取っても嫌いになる

HSPさんは他人の評価を気にしすぎてしまうところがあります。
誰からも嫌われていない人はいません。

どんな善行をしても文句を言われます。
ボランティアに対して「偽善だ」と言う人もいます。

自分のことをよく思ってくれる人と関わるようにしましょう。

嫌な人となるべく関わらないようにする

嫌な人と関わると、普通の人以上に疲れてしまいがちです。

嫌な人となるべく関わらないようにすることで疲れが軽減されます。

無理に仲良くしなくていい

みんなに気を遣うと疲れて辛くなってきます。

合わない人に合わせる時間やエネルギーを合う人に使いませんか?

チームワークは全員の協力があってできることです。
やる気のない人を変えようとしても難しい。

期待すると疲れるから期待しないのが大切。

ピンチはチャンス

ピンチになるとやばい!終わった!と絶望しがちですよね。

でも今までピンチだと思ってもなんとかなってません?

なんとかなるから大丈夫。
ピンチは何かを学ぶきっかけになる最高のチャンスです。

他人は自分に興味ない

つい他人の期待に応えようとしたり、どう評価されるかが気になってしまいがちなHSPさん。

他人はそんなに自分に興味がないし、今興味があったとしても数年後には忘れられてるかもしれないです。

子供の頃の友達全員とつながってる人いますか?
ある程度は割り切った方が絶対楽ですよ。

成功と幸せは違う

辛いのは成功してないからなんじゃないかと思いがちだけど、成功したからと言って幸せになれるわけではないです。

心が満たされなかったら何をしても同じですよ!

今、あるものに幸せを感じられるようになりましょう。
小さなことにも感謝してみてください。

心配事はほとんど起こらない

危機管理のためにある程度は心配するのはいいんです。

でも考えても仕方のないことを何度考えても同じ。

考えた結果、「行動する」「様子見」など結論を出したら切り替えてこ!

直感を大切にする

なんとか上手くやろう、頑張ろうと力んで理屈をこねがちですよね。

実は「なんとなく」「こっちがよさそう」という直感の方が合っていることが多いです。

直感はあなたの過去の経験の記憶が元になってるから、あなたに合った答えが出やすいので一度試してみてください。

苦労はなるべく早い方がいい

苦労はなるべく早くに経験した方がその後の人生が圧倒的に楽になるから得です。

何も知らないで人生の大半を過ごすより、なるべく若いうちに大切なことを学んで人生を謳歌したくないですか?

今日が残りの人生で一番若い日ですよ!

失敗は成功のもと

基本的だけど忘れがち。

失敗した→その方法は失敗だと言うことが分かった

失敗は無駄ではなく、いつか役に立つ。

悲観しないで冷静に行動してこ!

自己嫌悪しない

繊細がゆえに上手くいかないことが多い上に、完璧主義の人が多いHSP。
自己嫌悪しがちな人も多いのではないでしょうか。

できなかったことよりも「できたこと」に注目してみましょう。

嫌なことは断る

HSP気質だと気を遣いすぎて嫌なことや苦手なことも断れなくなってしまう人が多いかと思います。

しかし、全て引き受けているとキャパオーバーしてしまいます。
無理だと思ったら気にせず断ることも大切ですよ。

成長の速度は人それぞれ

成長の速度は人それぞれ違います。
他の看護師と比べてできてないと落ち込むのはやめましょう。

得意なこと、苦手なことはみんな違います。
あることでは他の看護師が早いかもしれませんが、別のことではあなたが早いかもしれません。

過去の自分と比べて成長してたら喜んで大丈夫ですよ。

HSP看護師に合った環境を選ぶ

HSPさんにはHSPさんの良さがあります。
繊細だからこそできる仕事や向いてる環境を選びましょう。

HSPの良さを活かせる環境

HSP気質だと、テキパキ仕事をしないといけない職場では、「もたもたしている」「遅い」とダメ人間にされてしまうことも多いですよね。

HSPは、ゆっくり深く考えることが得意なんです。

いろんな看護師がいて世の中が成り立っています。
王道から外れてみるのも楽しいですし、まだ開拓されてきっていない職場を良くしていくという選択をしてみてもいいのではないでしょうか。

HSP気質を評価してもらえる環境

HSP看護師は些細な変化に気づきやすかったり、共感力が高いことを活かしてこころのケアができたりします。

そのような良さを評価してもらえる環境だとやりがいがありますよ。

自分に合った環境を選ぶ

HSPの看護師は、多忙でピリピリした環境は疲れやすく体調を崩してしまいがちですが、自分に合った環境なら能力を発揮することが可能です。

よろしければ以下の記事もチェックしてみてください。
▶︎楽すぎ?のんびりゆるく働きたい看護師におすすめの働き方と穏やかな職場
▶︎責任が重いのがつらい!命に関わらない看護師の仕事18選

こころのケアが向いている人が多い

HSP気質の看護師は、こころのケアが向いている人が多いと言われています。
テキパキ仕事をするよりも、じっくりと1人の患者さんに向き合う方が得意な人もいます。

こころのケアに向いてる看護師におすすめの科は以下の記事で解説していますので、よかったら参考にしてみてください。

▶︎HSP看護師に向いてるのはこころのケア!適職は?何科?

楽しそうな男女の看護師
HSP看護師に向いてるのは何科?適職と働き方を紹介ストレスに過敏でつらいことも多い、HSPさん。 共感力が強いからこそできることがあり、実は考え方や環境次第では、看護師に向いています。 この記事では、HSPが看護師に向いている理由、HSPの看護師が楽になる方法、HSP看護師は何科が向いているのか・適職をご紹介します。...
看護師のコスプレをした熊
HSP看護師におすすめの転職サイトと利用するメリット繊細なHSPだからこそ、転職サイトを選ぶ際に重要視する点が異なります。 この記事では、HSP看護師がより良いキャリアを積めるよう、HSPの看護師が転職サイトを使うメリット、選ぶ時に気をつけるべきこと、おすすめの転職サイトをご紹介します。 ...

最新の投稿
看護師の転職サイトおすすめ3選
  • ナース人材バンク

    ▶︎年間10万人以上の看護師が利用 ▶︎地域担当制だから北海道から沖縄、離島にも強い ▶︎会員限定レア求人多数 ▶︎書類添削・面接練習あり ▶︎退職交渉サポート ▶︎キャリア相談のみの登録OK ◎医療機関の内部情報も伝えてもらえる ◎給与・勤務時間の交渉も全てサポート
  • レバウェル看護(旧 看護のお仕事)

    ▶︎非公開求人、高収入の求人数が圧倒的に多い ▶︎全国13万件以上の病院情報を保有 ▶︎キャリアアップの相談可 ▶︎入職後のアフターフォローあり ◎LINE相談可能、24時間電話対応 ◎勤務したい病院に求人がなくても交渉してくれる求人リクエスト機能あり
  • レバウェル看護 派遣(旧 看護のお仕事 派遣)

    ▶︎高時給・派遣のお仕事を探すなら圧倒的シェア ▶︎色々な経験ができる ▶︎短期的に稼ぎたい ◎ゆるく働ける ◎心の余裕・時間的余裕あり