転職・キャリア

派遣看護師って楽しいの?派遣看護師あるあると実態、メリット・デメリット

車と男性看護師 訪問看護

派遣看護師は自由度も高く、プライベートを充実しやすいため、楽しいという看護師もいます。

この記事では、派遣看護師の実態、メリット・デメリット、派遣看護師はしんどいのか、派遣看護師あるあるについて解説します。

派遣看護師の求人なら最大時給2500円の求人を扱っている【看護のお仕事派遣】

派遣看護師とは?働き方3つ

派遣看護師とは、病院ではなく派遣会社と雇用契約を結ぶ働き方です。
派遣会社との契約なので、勤務先を数ヶ月ごとに変えても同じ派遣会社からの紹介であれば、継続して働いていることになるため、有給取得などの福利厚生も良くなりやすいです。

派遣看護師には働き方が3つあります。

登録型派遣

登録型派遣は、派遣会社に登録して派遣先で就業します。
フルタイム・時短・単発問わず就業できます。
フルタイム半年終えて、しばらく時短や短髪をしつつ次のフルタイムの仕事を見つけるといったことも可能です。
ただし、社会保険などは継続して働いて条件を満たした場合に対象となります。

常用型派遣

常用型派遣は、派遣会社の社員として派遣会社で常時勤務している状態で、病院などの派遣先に勤務する働き方です。
登録型派遣との違いは、派遣先での勤務が満期終了となっても継続して他の派遣先で勤務するところで、派遣先が見つからなくても給料をもらうことができます。

登録型派遣は自由度が高いが不安定、常用型派遣は自由度は低いが安定しています。

紹介予定派遣

紹介予定派遣とは、直接雇用で働くことを前提として派遣看護師として働き、派遣期間を終えて勤務先と労働者の双方の合意があれば直接雇用で継続して働く派遣の種類です。

直接雇用雇用で継続して働かなくても、契約期間満了で退職すれば経歴に傷はつかないことがメリットです。

経験が浅い看護師でも大丈夫?

即戦力が求められるため、経験があるに越したことはないですが、1年〜3年以上を条件としている職場が多いです。

医療処置の少ないデイサービスや訪問入浴、健診センターや採血室での採血など、業務範囲が狭いほど経験は浅くてもOKになります。
また、コロナ関連の相談など看護師の資格がマストではない職場では、経験がなくても医療に関わることができます。

あなたの経歴でできる仕事があるのかどうかは転職サイトに聞いた方が早いです。
需要や地域にも影響されます。
人気の職場は経験がある看護師が優先になってしまいますが、人手不足であれば経験が浅くてもOKしてもらえるところもあります。
派遣看護師なら看護のお仕事派遣 がおすすめです。

派遣看護師の仕事内容

派遣看護師には、主に単発や超短期と長期の仕事があります。

派遣看護師の単発・超短期の仕事

ツアーナース、イベントナース、健診、ワクチン関連、その他の補助業務があります。
詳しくは看護のお仕事派遣 で探せます。

派遣看護師の長期の仕事

派遣看護師の中でも長期のお仕事は、産休・育休、介護休暇などの穴埋めで期間限定の場合と、前述したように直接雇用を前提に紹介予定派遣としてお試しで働くパターンがあります。
以下は、主な派遣先の例です。
これ以外にも枠が少ない仕事もありますので看護のお仕事派遣 で気になる求人があればチャレンジしてみてください。

病院やクリニック

主に産休・育休などの穴埋めで有期の職場が多いです。

老人介護施設

主に服薬・経管栄養の介助・入浴後の傷の処置などを行いますが、施設によってはレクリエーションなどを行います。
介護スタッフがいる施設であれば、看護に集中できるので比較的楽です。

訪問入浴

利用者の自宅で入浴の介助をします。

外来

病院やクリニックの外来で働きます。

ツアーナース

修学旅行や社員旅行に同伴する看護師です。
旅行会社など長期的にツアーナースが必要なところもあります。

保育園、学校、企業

保育園やその他学校、企業などで健康管理、指導、怪我人や急病人の処置などを行います。

献血センター

献血会場、献血ルーム、献血バスなどで採血の仕事をします。

派遣看護師は楽しい?メリット

派遣看護師が楽しいという人も看護師もいます。
とくに色々なことにチャレンジしたい好奇心旺盛な看護師におすすめです。

派遣看護師メリットを紹介していきます。

給料が高め

派遣看護師は時給制です。時給は都市部で1,700円~2,400円となるため、自由を確保しつつ正社員と同じくらいの給料がもらえます。

※派遣看護師の平均時給は、2022年3月度、三大都市圏(関東・東海・関西)、で1,856円となっています。
2022年3月度 派遣スタッフ募集時平均時給調査【三大都市圏(関東・東海・関西)】株式会社リクルートジョブズリサーチセンター調べ

看護のお仕事派遣 では時給2500円以上の求人も扱っています。

勤務先の病院を変えても福利厚生が良い

派遣看護師は、病院ではなく派遣会社との雇用契約になります。
そのため、A病院で半年、B病院で半年働いた場合、派遣会社で1年働いていることになるので、有給の取得が可能です。

夜勤専従ならさらに稼ぎやすい

当然ですが、夜勤専従なら稼ぎやすいです。

指導者としてスキルアップ

看護師として指導をする他、教育機関や転職サイトなどで指導する際に「こういう現場は〇〇だ」というアドバイスをできるようになるため、「現場を知る」という意味ではスキルアップに繋がります。

人間関係は比較的楽

長期間同じ職場に勤務するわけではないので複雑化にしくく、人間関係が悪ければ延長せずに契約満了で終えればいいこと、短期間と割り切ることができるので、正職員に比べると気分的にもかなり楽です。

ダブルワークも可能

派遣ナースはダブルワークも可能です。

ママナース・パパナースにもおすすめ

「子供がいるから夜勤はできない」「平日のみの勤務」など、自分の希望に合った働き方ができます。

派遣会社が間に入ることで安心感がある

派遣会社が間に入ることで安心感があります。
なぜなら、派遣会社の目があるので、募集内容とかけ離れた要求やパワハラをしにくいからです。
トラブルがあった際にも相談することができます。

残業や雑務がない

残業も委員会も勉強会もなし。めんどくさいことが嫌いな看護師におすすめです。

他にやりたいことがある場合には両立しやすい

夜間の学校に通うなど、他にやりたいことがある場合には「夜勤なし」などの融通が利きやすく、両立しやすいです。

派遣看護師はしんどい?デメリット

職場の多忙さ、人間関係は運に左右されることもあります。
派遣看護師のデメリットをご紹介します。
あなたの希望によってはしんどいと感じるかもしれません。

即戦力を求められる勤務先もある

基本的に常勤では足りないところの穴埋めなので、即戦力が求められる勤務先が多いです。
具体的には産休・育休の代わり、急な退職者の代わりなどです。

スキルアップは難しいかも

即戦力が求められ、教育体制が充分ではない場合が多く、業務の範囲も限定され、スキルアップは難しい傾向にあります。

ただ、いろいろな職場を見ることで、学ぶこともあるため、そういった意味ではスキルアップできるでしょう。

正社員よりは福利厚生が悪い

基本的にボーナスはありませんし、福利厚生は正社員と比べると悪いです。
自由との引き換えという感じでしょうか。

ローンなどの審査に通りにくくなる

正職員に比べてローンなどの審査には通りにくくなります。

派遣看護師が向いてる人

派遣看護師が向いている人です。

プライベートを充実させたい

勤務時間や勤務日の希望は通りやすいため、プライベートを充実させたい看護師に向いています。

ブランクがあるから少しずつ慣らしたい潜在看護師

ブランクがあって、常勤で働くのには抵抗がある潜在看護師にもおすすめです。
責任が重くない、プレッシャーが少ないこと、時間的に余裕ができることがメリットです。

数ヶ月〜数年だけ働きたい

以下のような事情があり、数ヶ月〜数年だけ働きたい場合にも向いています。

  • 常勤から常勤に転職したけど間に空白期間ができてしまった
  • 派遣で仕事量を減らしつつ転職活動をしたい
  • 留学や進学までの間に働きたい
  • 子供が幼稚園や小学校に上がるまでは残業できない

お試しで働きたい

気になる診療科や働き方がある場合、お試しで働くことも可能です。
正職員で入職してすぐに辞めてしまうと経歴に傷がついてしまいますが、派遣看護師なら数ヶ月の契約期間満了で辞めれば経歴に傷がつきません。

派遣看護師をしながら転職先を探したい

ハードな環境だと働きながら転職活動をするのは大変ですよね。
疲れて判断を間違える可能性も。
そのような心配がある方は、派遣看護師をしながら転職活動するのも1つの選択肢として考えてみてもよいのではないでしょうか。

鬱になった・とにかく今の病院を辞めたい

鬱になってとにかく今の病院を辞めたいけど、経済面で不安がある看護師。
とくに体調不良がある場合には、派遣やバイトで勤務時間を減らしつつ、体調を整えましょう。
後述しますが、失業保険を受給しながら短期間の派遣やバイトをすることも可能です。

失業保険受給中に働きたい

失業保険受給中に、派遣やバイトで短期間働く分には問題ありません。
働いた日は失業保険は受給できませんが、後日その分を受け取る、つまり受給期間を延ばすことができます。

ただし、受給資格が決定した日から通算7日間の待期期間中は働けないので要注意です。
「失業保険」受給中にアルバイトをするには│雇用保険完全マニュアル(タウンワークマガジン)

派遣看護師として働くために

派遣看護師に興味があるなら、看護のお仕事派遣 というサイトに無料登録して、あなたの経歴や居住地で仕事が見つかりやすいか聞いてみることをおすすめします。

どうしても需要と供給の問題があるので、需要に対して希望者が多ければ派遣先が見つかりにくくなってしまいます。

看護のお仕事派遣 に登録しておけば、非公開求人(人気で応募が殺到してしまうためネットに公開されていない求人)を知ることができたり、良い求人が出たタイミングで選考に進むことも可能です。


派遣看護師の解説は以上です。

派遣ナースと似た働き方として、応援ナース・トラベルナースという働き方もありますので、よろしければ以下の記事も参考にしてみてください。
応援ナース・トラベルナースはしんどい?実態、メリットとデメリットを解説
応援ナースと派遣ナースの違いを比較!徹底解説

最新の投稿
看護師の転職サイトおすすめ3選
  • 看護のお仕事

    ▶︎非公開求人、高収入の求人数が圧倒的 ▶︎全国13万件以上の病院情報を保有 ▶︎キャリアアップの相談可 ◎LINE相談可能、24時間電話対応 ◎勤務したい病院に求人がなくても交渉してくれる求人リクエスト機能あり
  • マイナビ看護師

    ▶︎転職初心者ならサポートが手厚いマイナビ ▶︎認知度No.1、日本最大級の求人・転職サイト ▶︎今なら1分無料登録で転職サポートブックプレゼント ◎対応がスピーディー ◎履歴書や面接対策がバッチリ
  • ナースではたらこ

    ▶︎2022年オリコン顧客満足度1位 ▶︎無料登録で見られる非公開求人多数 ◎他業界求人際と運営の実績があり安心 ◎プライバシーマーク取得