転職・キャリア

美容看護師になるには?仕事内容・収入・適性を解説

白衣の女性看護師

美容看護師になるには基本的に、正看護師または准看護師の資格を持っていて、採血、点滴ができれば問題ありません。

この記事では、以下について解説していきます。

  • 美容看護師に必要な知識やスキル
  • 美容看護師の仕事内容
  • 美容看護師の給料や待遇
  • 美容看護師になるメリット・デメリット
  • 美容看護師のキャリア

美容看護師に少しでも興味がある方は美容看護師の求人を取り扱っている転職サイトおすすめ3選から気軽に無料相談してみてください♪

もくじ
  1. 美容看護師と看護師の違い
  2. 美容看護師になるために必要な資格・知識・スキル
  3. 美容看護師の仕事内容
  4. 美容看護師の給料はなぜ高い?年収
  5. 社割があるって本当?
  6. 美容看護師に向いてる人と向いてない人
  7. 美容看護師は美人が多い?美人しか採用されないの?
  8. 美容看護師って年齢制限はあるの?
  9. 歳を取ったら?いつまで働ける?美容看護師の将来
  10. 美容看護師になるメリット
  11. 辛い?美容看護師になるデメリットと失敗パターン
  12. 福利厚生面では大手美容クリニックがおすすめ
  13. 美容看護師の志望動機は?例文
  14. 美容看護師の求人探しは転職サイトがおすすめ
  15. 美容看護師は人気で競争率が高い!美容看護師になるコツ

美容看護師と看護師の違い

美容看護師と看護師の違いは、主に以下の通りです。

  • 美容看護師は自由診療、看護師は保険診療
  • 美容看護師は、施術メニューの提案ができるところもある
  • 美容看護師はインセンティブがある
  • 美容看護師は自由診療なので、覚える知識も特殊になる

美容看護師になるために必要な資格・知識・スキル

美容看護師になるためには、正看護師または准看護師の資格が必要です。
資格なしでなれるのは手術介助や術後管理のない受付やカウンセラーです。

美容看護師に必要な知識

美容看護師に必要な知識は、主に以下の通りです。

  • 採血、点滴
  • 解剖生理学
  • 美容の知識(扱う施術メニューによる)

美容クリニックは、自由診療となるため保険診療とは知識が異なりますが、研修制度やマニュアルがあったり教えてもらえるので、あまり心配する必要はないかと思います。

美容看護師として歓迎されるスキル

美容看護師として歓迎されるスキルは主に以下の通りです。

  • 一般病棟での臨床経験
  • 手術介助と術後管理の知識
  • 皮膚科や整形外科の経験
  • 美容に関する知識

美容外科ならオペ室看護師が有利!

特に美容外科はオペ室看護師が有利になります。
理由は手術室の経験があると全身麻酔のやり方や器具名を覚えやすいためです。

しかし、経験のない看護師も転職可能で、実際に働いている方もいます。
オペ看はあくまで「有利」ということです。

採用に有利になる資格

採用に有利になる資格は語学系やエステティシャン(美容皮膚科の場合)、化粧品検定など美容に関する資格です。
外人のお客さんもいらっしゃるので語学ができると優遇されます。

ちなみにエステティシャンの資格で有名なものは以下の通りです。

  • 日本エステティック協会「認定エステティシャン」
  • 日本エステティック協会 認定トータルエステティックアドバイザー(TEA)
  • 日本エステティック業協会の資格「AEA」

日本エステティック協会の「認定エステティシャン」は合格率が80%、受験料も8000円で一番取得しやすいと言われています。
認定校で300時間以上のコースを修了する必要があるため、まずは趣味として始めてみるのもいいですね。

臨床経験が浅いのに美容看護師になるのはリスク?

美容看護師は看護ではないと考える人もいます。
看護師として管理職になりたいなどキャリアアップを目指しているのであれば、リスクになり得ます。

しかし、社会人を経験してから30代以降に看護師になっている人もいるため、特に若いうちに美容看護師を経験したからといって看護師として不利になるということはありません。


病棟に戻りたいなと思ったら病棟に戻ればOKです。
人生一度きり。やりたいと思うならチャレンジした方が後悔がないかと思います。

臨床経験3年以上は本当?

臨床経験3年以上という条件を出しているクリニックが多いことは事実ですが、実際には1〜2年目で転職される方も多いのが特徴です。

「臨床経験3年以上」という条件を出している理由は、急患対応がない美容看護師と言っても採血やルート確保など基本的な技術は必要だからです。

1年未満でも十分にスキルがあれば早めに転職することも可能です。
早めの転職を考えている方は、転職サイトのコンサルタントに自分が適合しているかどうか聞いてみてください。

新卒2ヶ月で採用された看護師もいる!1年未満でも行動してみて

看護学生の頃から美容看護師を目指している人も、臨床経験が必要なため最初は病棟で勤務します。
後述しますが、美容看護師は年齢も影響するため、なりたいと思うならなるべく早めの1〜2年目で考えはじめた方がいいです。

教育コストがかかりすぎるため、新卒では採用されにくいと言われていますが、新卒2ヶ月〜で採用される看護師もいます。
最低でも点滴や採血はできるようになってから転職サイトに相談してみてください。
新卒OKの求人が出るかどうかもタイミング次第なので、転職サイトに登録時点で求人がなくても、出たらすぐ応募することでチャンスをつかめるかもしれません。
美容看護師の求人を取り扱っている転職サイトおすすめ3選

美容看護師の仕事内容

施術メニューの提案は基本的に看護師が行います。
カウンセリングをして最適なプランを考えたい人には楽しい仕事です。

美容クリニックと言っても、大きく分けて美容皮膚科と美容整形外科があります。
※美容整形外科は「美容外科」「美容整形」などの呼び方もあります。

美容皮膚科と美容整形外科の施術内容と仕事内容

美容皮膚科と美容整形外科の施術内容と仕事内容です。
美容皮膚科では、美白やホクロ除去など皮膚に関する医療がメイン、美容整形外科では二重や鼻の整形など外科的な医療がメインになります。

美容整皮膚科の施術内容

美容皮膚科の施術内容は主に以下の通りです。

しみ・たるみ・ニキビ・そばかす・毛穴ケア・美白・美肌・肝斑など

美容皮膚科の仕事内容

美容皮膚科の仕事内容は主に、診察のサポート、施術介助、カウンセリング(施術メニューの提案)です。
美容皮膚科の場合、美白やシミ治療は1度で終わらないこともあるため、カウンセリングの回数が増えます。

美容整形外科の施術内容

美容整形外科の施術内容は主に以下の通りです。

脱毛・豊胸・顔の整形(二重・鼻・小顔・顎・エラなど)・脂肪吸引など

美容整形外科の仕事内容

美容整形外科の仕事内容は主に、診察のサポート、手術介助、麻酔管理、術後管理、カウンセリング(施術メニューの提案)です。

手術介助は、装置の準備や麻酔したお客さんの健康状態の管理を行います。

カウンセリングでは、どの施術メニューでお客さんのコンプレックスを解消できるか考え、提案します。美容とホスピタリティに興味があれば楽しくできます。

大手のクリニックだとカウンセリングは看護師ではなく美容カウンセラーが行う場合もある

大手のクリニックだとカウンセリング自体は美容カウンセラーが行うところもあります。
カウンセリングがやりたいという気持ちがあれば、面接や募集要項でチェックしてみてください。

営業やカウンセリングはやりたくない!手術介助に専念したい場合は大手クリニック

大手クリニックでは、看護師の仕事は手術介助がメインになります。

営業は苦手、カウンセリングはできればやりたくないという場合は、美容カウンセラーがいる大手クリニックを選びましょう。

美容看護師の給料はなぜ高い?年収

美容医療は自由診療で収益性が高いため、その分だけ看護師の給料に反映されやすいです。
保険診療とは異なり、クリニックが自由に料金を決めることができます。

インセンティブが入る

施術メニューや化粧品を契約するとインセンティブが入るため、給与が高額となります。
稼ぐ看護師は月収の他にインセンティブをもらうことで月収100万円の人もいます。
頑張ったら給料が増えるところは魅力の1つですね。

美容看護師になると年収が下がる人とは

もちろん役職があった看護師がゼロから美容看護師になると年収が下がる可能性があります。
しかし、夜勤なしなので、夜勤がないわりには高額となります。

美容看護師の平均年収

美容看護師の平均年収は、夜勤がないにもかかわらず平均400万円〜600万円となっています。
インセンティブ制度がなくても月収は30万円以上であることが多く、同世代の給与としては高くなっています。

年収1000万円の美容看護師もいる

インセンティブが付き、年収1000万円の美容看護師もいます。
若くて年収1000万円って全体を見ても中々いません。看護師の資格があるからこそチャレンジできることです。

カウンセリングで高額のインセンティブをもらいたい方は是非チャレンジしてみてください。

社割があるって本当?

スタッフに社員割引のは本当です。
美容や施術に詳しくなれる上に、安く受けられるのは嬉しいですね。

練習で無料で受けられることもありますが、大抵は10%〜20%引きとなります。
ドクターズコスメも取り扱っているところなら安く買えます。

美容看護師に向いてる人と向いてない人

美容看護師には向いてる人と向いてない人がいます。
しかし、向いてないと思ってもやってみたら意外といける場合もあるのでトライしてみるのはありだと思います。

美容看護師に向いてる人

病棟で合わなかった看護師が美容看護師になったらすごく合っていたということもあります。
人間向き不向きがあり、苦手なことを無理にして鬱になるより、楽しく人生を送りたいですよね。

美容看護師に向いている人について解説していきます。

美容に興味がある

美人かどうかよりも美容に興味がある方が向いています。
最新の施術に詳しくなるためにも、興味は必要です。

また、看護師がそのお客さんがどうしたら綺麗になれるのか、満足できるのか考えて施術メニューを提案するため、美容好きにとっては天職になります。
「好きこそ物の上手なれ」「努力より夢中」ということですね。

コミュニケーションが好き

カウンセリングやおすすめをすることが多いため、コミュニケーションが好きな方が向いています。
また、高額のインセンティブをもらいたい場合はお客さんに気に入ってもらえることが大切です。

人の立場になって考えられる

人によってこだわりポイントは違います。
人の気持ちを考えることが得意であれば感謝されやすいです。

半分接客業であるため、看護として正しいかよりもお客さんが満足するかどうかを考えられると評価も上がりやすいです。

美容看護師に向いてない人

相性の問題なので、美容看護師が向いてない人もいます。

病棟で身に付くスキルを身につけたい人

美容看護師のデメリットの1つとして、病棟で身に付くスキルが身につきにくいということがあります。
保険診療と自由診療の違いもありますが、病棟では何か具合が悪いところがある「患者さん」を相手にするのに対し、美容クリニックでは綺麗になりたいと思っている「お客さん」を相手にするため、当然看護の内容も変わります。

しかし、気休めや経験に1年2年トライしてみる分にはそこまで悪影響はないでしょう。

(美容カウンセラーがいないクリニックの場合)営業が苦手な人

大手クリニックであれば、営業は美容カウンセラーが行うことがありますが、個人経営のクリニックであると看護師が営業をします。
苦手な人は、美容カウンセラーがいるクリニックを選ぶといいでしょう。

美容看護師は美人が多い?美人しか採用されないの?

結論から言うと、美容看護師は美人が多いです。
まず、美容看護師を希望する時点で美容に興味があり、既に美容医療を経験している方も多いためです。
自分自身が美容医療で綺麗になって、その経験を活かしたいと考えるからなんです。

でも、美容に興味があるならチャレンジしてみていいと思います。
働きながら綺麗になれるところがメリットの1つです。

容姿採用はあるの?

結論から言うとありますが、目鼻立ちが整ったいわゆる美人というわけではなく、清潔感がある「雰囲気美人」になれればOKです。

そのためにも清潔感に気をつけたり、メイクの方法などを工夫してみてください。
社割があるため、バリバリ整形して働きながら美人になる看護師もいますが、みんながそうするわけではありません。

美容整形は強制されないの?

美容整形は強制されません。
整形に抵抗がある・興味がない場合、美容医療と言っても切らないエステに近いものもあるので、自分が受けてみたい施術メニューがあるクリニックを選ぶと少しお得ですね。
医療脱毛のクリニックであれば抵抗が少ないかと思います。

容姿が気になって不安

周りも美容情報に興味があって情報に強くなるため、それだけでも綺麗になれます。
どうしても気になるなら社割を使って綺麗になっちゃいましょう。

美容看護師って年齢制限はあるの?

美容看護師の募集に年齢制限を設けることは法的に問題になるため、具体的に指定があるわけではありませんが、教育の観点から言っても採用されやすいのは若い方です。

基本的には若い方が有利

未経験であれば20代が有利で30代前半までであることが多いです。

若いと言っても新卒で採用されることは難しく、2〜4年の臨床経験が求められることがありますが、実際には1年未満で転職する方も多いです。

美容やりたいなら早めにシフトすると吉

美容業界に興味があるなら早めにシフトする方がおすすめです。
後述しますが、基本的に休みが世間の繁忙期と逆になるため、早い段階で同業者の友達やパートナーを見つけると休日を被らせることができて、その後の人生が充実しやすいです。

年齢よりも重視すること

若い方が「有利」ですが、若くても美容看護師に必要とされるスキルを満たしてないと採用はされにくいです。

美容看護師に必要なスキルは、美容に興味があること、清潔感があること、コミュニケーションが苦手でないことなどです。

これらは年齢よりも重視されます。
お客さんに満足してもらえるよう「おもてなし」を意識しましょう。

30代以上でも諦めないで

ただし、クリニックによってコンセプトが異なるので、30代以上でも諦めない方がいいです。
施術メニューによっては、客層が「美魔女(=才色兼備の50歳以上とされる)」とされることもありますし、年齢のわりに若く見える看護師の方が説得力があり必要とされる可能性もあります。

単に年齢だけでなく、経験やコミュニケーションの得意苦手が影響することもあるため、気になる方は転職サイトで相談してみてください。

歳を取ったら?いつまで働ける?美容看護師の将来

美容看護師は、いつまで働けるのか気になりますよね。
若いうちから美容看護師になった場合、40歳を過ぎたあたりから管理職や経営側になります。

美容業界でキャリアアップしたいのであれば、若いうちから働き続けて管理する側を目標にしましょう。
特に大手美容クリニックだと役職が付くので、キャリアアップされたい方は大手がおすすめです。

美容看護師になるメリット

美容看護師になるメリットはたくさんあります。

美容に詳しくなれる

やっぱり美容に詳しくなれるというところが大きなメリットですね。
美容好きにとっては楽しくお仕事できちゃいます。

給料が高い

やっぱり給料が高いのは魅力的ですね。
夜勤なしで平均月給は35~40万円となっています。

休暇が取りやすい

急患の受付や救急外来がないため、急な出勤や残業、休日出勤もなく休暇は取りやすい傾向にあります。
基本的には定時で退勤できるところがいいですね。
完全予約制のため、余裕を感じることができます。

人間関係が良い場合が多い

基本的に40歳以下が多いため、お局が少ない傾向にあることなどから人間関係は良好である職場が多いようです。
しかも、夜勤がないため、情緒不安定になりにくく、機嫌の悪い看護師も少ない傾向にあります。

夜勤がないため健康になったという声多数

夜勤がない美容ナースは、生活のリズムが整いやすく、メンタル面に良い影響があります。
その結果、身体の不調が消え、健康になった人が多いです。

ワークライフバランスを重視したい方にぴったりです。

完全予約制のクリニックなら残業はほぼ無し

完全予約制のクリニックなら残業はほぼありません。
残業したくない方は検討してみてください。

閑散期の時に海外旅行などに行きやすい

世間が長期休暇の繁忙期は働かなければなりませんが、閑散期に休みを取りやすいため、月の休みも合わせて海外旅行に行きやすくなります。

みんなが行かない時に旅行できるため、旅費も安くてお得です。

辛い?美容看護師になるデメリットと失敗パターン

逆に美容看護師になるデメリットについても解説していきます。
華やかなイメージですが、就職先によってはギャップを感じてしまうかもしれないので、どうしてもこだわりがあるなら入職前に必ず確認しましょう。

一般病棟で身につけられるスキルが身に付かない

自由診療のため、一般病棟では使わない知識を得られるというメリットもありますが、逆に一般病棟で必要な知識は身につきません。

ですので、一般病棟に戻りたいと思っている方は注意が必要です。
例えば1年だけ美容看護師にチャレンジしてみて、その後戻るということであれば影響はありません。

しかし、長年に渡って美容看護師をした後に病棟に戻るのは厳しい可能性もあります。
ただ、企業や保育施設、介護施設など病棟ほどのスキルを問われない職場もあるため、絶対に病棟に戻りたいというわけなければ心配する必要はないかと思います。

土日や祝日に休みをとりにくい

土日や祝日に休みを取れないわけではないですが、出勤になることが多いです。
逆に平日の空いている時に遊べるところはメリットですが、好みと考え方次第です。

世間が長期休暇の時は繁忙期になるため、休みを取りにくい

美容看護師になるメリットである「閑散期の時に海外旅行などに行きやすい」と逆の考え方をすると、世間が長期休みの時に美容業界は繁忙期となるため、休みを取りにくいです。

繁忙期に旅行に行っても料金は高いし混雑しているため、繁忙期を避けたいという人には逆にメリットになるので、好み次第ですね。

クビになるわけではないが営業ノルマがあるところもある

クリニックによっては営業ノルマがあるところもあります。
営業ノルマを達成できなかったからといってクビになることはありませんが、他の看護師との差が気になってメンタルに影響ある場合はおすすめできません。

しかし前述した通り、大手クリニックだと営業は美容カウンセラーが行い、看護師は手術介助に専念という職場もありますから、営業が苦手な人は営業ノルマの有無看護師が営業をするのか必ずチェックしてください。

繁忙期は残業があるかも

繁忙期は残業になる可能性もあります。
定時のナースもいるので、残業NGの場合は面接等で必ず確認をしてください。

美容に興味がないと辛いかも

美容業界では、最新の技術や施術メニューの知識を習得した上でカウンセリングや手術介助を行う必要があるため、美容に興味がないと覚えるのが辛いかもしれません。

福利厚生面では大手美容クリニックがおすすめ

美容看護師のメリットで挙げた例は、クリニックによって誤差があります。
大手の方が働くナースも多いため、他と被らなければ休みの希望が通りやすい傾向にあります。
また、給与面でも大手クリニックの方が良い傾向にありますが、当然ライバルも多くなります。

ただ、個人経営の方が裁量権を与えられやすいことや、自分が興味のある施術メニューがある場合には選ぶのもありだと思います。

美容看護師の志望動機は?例文

美容看護師の志望動機は、以下のような例文がスタンダードです。
これならそこまで力まなくても出来そうですよね。

  • 美容に興味がある
  • お客様が綺麗になって満足していただきたい
  • 自分が美容医療で綺麗になって自信が持てた経験を活かしたい
  • 学生時代から美容看護師を目指して臨床経験を積んできた
  • 美容医療のスペシャリストになりたい
  • 同じ女性として提案したい

美容看護師の求人探しは転職サイトがおすすめ

実際に転職に成功した看護師も転職サイトを活用して情報を集めています。
自分で探すという方法もありますが、転職が初めての方や、どれくらいの求人(条件がいいほど倍率が上がります)なら通りそうか判断がつかない人には転職サイトがおすすめです。

面接で接遇やマナーをアピールする必要がある

面接では、美容看護師に必要とされる接遇やマナーをアピールする必要があります。
採用側からパッと見て清潔感や看護師として雇いたいと思えるのかはとても重要です。

自分では常識のつもりでも、業界が違うと常識が異なることもあります。
転職サイトでは、無料で面接対策をしてもらえるため、常識がずれていたという心配がありません。

情報収集しやすいのはなぜ?

当たり前ですが、競争率が高い求人に通るためには他の看護師より良く見えなければいけません。
知らずに競争率が高い求人で戦って敗北を繰り返すと鬱になってきます。

転職サイト実際に採用される看護師がどんな志望理由にしたか、どんな経験やスキルがあれば、「これぐらいの求人に通りやすい」のか案内してもらえるため、自分が採用される可能性の高い求人のレベルが圧倒的に分かりやすくなります。

情報収集の時点でも転職サイトの利用はとてもおすすめできます。

美容看護師は人気で競争率が高い!美容看護師になるコツ

美容看護師は人気で欠員が少なく、競争率が高くなっています。
美容看護師に転職したいのであれば、転職サイトに登録して担当者に美容看護師を希望していることを伝えて、求人が出たらすぐに動けるようにしましょう。

求人が出てから動くと、それから資格のチェックなどが入るため、元々登録していた看護師に先を越されてしまいます。

先回りして面接対策や志望理由等の準備をしておいて、後は面接を受けるだけの状態にしておきましょう。

美容看護師になりたいのであれば、美容看護師の求人を扱っている大手の転職サイトに相談しましょう。
大手サイトであれば、病棟以外、美容看護師の求人も多く扱っています。

大手サイトの特徴は以下の記事を参考にしてみてください。
美容看護師の求人を取り扱っている転職サイトおすすめ3選

最新の投稿
看護師の転職サイトおすすめ3選
  • ナース人材バンク

    ▶︎年間10万人以上の看護師が利用 ▶︎ハローワーク非掲載求人多数 ▶︎会員限定レア求人多数 ▶︎利用者の満足度が高い ◎職場の雰囲気も伝えてもらえる ◎給与・勤務時間の交渉も全てサポート
  • レバウェル看護(旧 看護のお仕事)

    ▶︎非公開求人、高収入の求人数が圧倒的 ▶︎全国13万件以上の病院情報を保有 ▶︎キャリアアップの相談可 ◎LINE相談可能、24時間電話対応 ◎勤務したい病院に求人がなくても交渉してくれる求人リクエスト機能あり
  • ナースではたらこ

    ▶︎2022年オリコン顧客満足度1位 ▶︎無料登録で見られる非公開求人多数 ◎他業界求人際と運営の実績があり安心 ◎プライバシーマーク取得